新着情報

●2016/09/12
高齢者の関節痛についての情報を更新しました。
●2016/09/06
会社情報を新規投稿しました。
●2016/09/06
関節痛防止のサプリメントの選び方の情報を更新しました。
●2016/09/06
関節痛予防のための日常の運動法の情報を更新しました。
●2016/09/06
関節痛予防のために筋肉をつける食事の情報を更新しました。

高齢者の関節痛について

ylifu年齢を重ねていくと、肘や膝、手足の指の関節に痛みを感じる人が多くなります。ほとんどの場合が関節の軟骨がすり減って痛みを生む変形性関節症という症状が原因ですが、リウマチなど重大な疾患を抱えている人もいます。
いずれの関節症も、進行して痛みなどの症状がひどくなると、日常背活をおくれなくなることもあるので、早めの発見と治療、予防が必要になります。高齢者の関節痛について予防策などをまとめたので参考にしてください。

変形性関節症にならないために

変形性関節症は、主に膝や肘に痛みがでます。痛みが強いと、立ったり座ったり、歩いたりするのが困難になってきます。日常生活であまり動かなくなると、筋肉が衰えて関節への負担が増えます。そうすると、症状をさらに悪化させるという悪循環を起してしまいます。
変形性関節症にならないためには、普段の生活で運動量を減らさないことが大切です。膝などの関節にできるだけ負担をかけない生活をしましょう。体重が重いと、それだけ関節への負担も大きくなるので、肥満気味の人は適正体重にし、維持する必要があります。
O脚の人も、関節への負担がかかりやすいです。専用のソックスなどを使って矯正することもできるので、痛みが出る前に治してしまうといいかもしれません。
関節痛に効くサプリメントの利用も有効です。軟骨の形成を助け、関節のクッションになる役割を果たしてくれます。関節痛のサプリメントは、関節の痛みを抑えるだけでなく、美肌効果も期待できます。高い保湿能力のあるヒアルロン酸やコンドロイチンなどが豊富に含まれているからです。

リウマチの症状を自覚したら

リウマチは進行すると、症状が非常に辛く、生活も不便になってしまいます。痛みが強く、関節が変形して動かすこともできなくなる場合があります。
患者の7割から8割が女性です。高齢者の女性がかかりやすい病気だと言えます。はっきりした原因は分かっていませんが、女性ホルモンが関係していると言われています。そのため女性の発症率が高いのです。
寝起きなど、関節をしばらく動かさなかった後などに症状を自覚することが多いです。痛みがなくても、関節がこわばったように動かしづらいなど、違和感がある場合には注意が必要です。異変を感じたら早めに医療機関を受診する必要があります。

四十肩や五十肩

中高年になると、強い痛みのせいで肩が上げられなくなることがあります。四十肩や五十肩と言われるものです。運動不足が原因で起こります。症状が軽い場合には、腕を回すなど動かしているうちに肩が上がる場合もあります。
積極的に肩の筋肉を動かすことで、予防ができます。積極的に運動をしたり、ストレッチをするなどして肩の筋肉をやわらかくしておきましょう。

関節の痛みを感じたら

hjytd
高齢者の患っている関節痛は、ほとんどが変形性関節症です。ほとんどの関節痛は、適度な運動が予防策として有効です。ただし、普段あまり運動をしないのに、突然激しいスポーツを始めるようなことはしないでください。慣れない運動をすると、体の動かし方によっては関節に大きく負担をかけてしまいます。歩く距離を少し増やすなど、日常生活の中でできるペースで行うといいでしょう。
関節痛は、進行して症状が悪化すると厄介です。治療が困難なものもあります。痛みを感じたり、違和感を覚えたら早めに医療機関を受診することが大切です。予防策をしっかりと行うことで、進行を抑え、症状を緩和することができます。

Copyright(C)2016 高齢者の関節痛について All Rights Reserved.