老後、関節痛にならないために

年齢を重ねていくと、膝などの関節の痛みに悩まされる人が多いです。老化現象の一部として、仕方のないことかもしれませんが、中には痛みを抱えずに元気に動き回っている年配の方もいらっしゃいます。老後、関節の痛みに悩まされないために、自分でできることは何でしょう。

適度な運動をして筋肉を維持する

運動をしなくなると、筋肉はすぐに衰えてしまいます。筋肉が衰えると、体重や動きをささえる関節に負担がかかってしまい、軟骨をすり減らします。
ジョギングをしたり、スポーツを新たに始めたりする必要はありません。普段歩く距離を少しだけ増やしたり、できるだけ階段を利用したりして、普段の生活の中で必要な運動量を確保するだけでも十分です。

関節に負担をかけない生活をする

肥満の人は関節痛になりやすいです。体重が重いと、それだけ膝などの関節に負担がかかります。できるだけ、適正体重に落ち着けるように努力をしてみてください。適正体重を保つために運動をすれば、筋肉がついて関節痛予防に、より効果が発揮できます。

関節痛予防のサプリメントを利用する

関節痛の予防策としてかなり注目されているのがサプリメントの摂取です。ヒアルロン酸やコンドロイチン、グルコサミンが配合されているサプリメントを選びましょう。軟骨の形成を促してくれたり、関節でクッションの役割をして、軟骨がすり減るのを防いでくれたりします。
関節痛予防のサプリメントには、高い美容効果もあるため、年齢を重ねた女性たちから根強い人気があります。

痛みが重症化する前に

痛みだすと、動かなくなり、筋肉を衰えさせて関節への負担を増大させ、痛みを悪化させるという悪循環に陥りやすいです。痛みがひどくなる前に、予防に徹しましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 高齢者の関節痛について All Rights Reserved.