関節痛防止のサプリメントの選び方

老後の関節痛の多くが、軟骨がすり減ってしまうことで起こる変形性関節痛です。変形性関節痛を防ぐために、現在様々なサプリメントが販売されています。種類がかなり豊富なため、何を基準にどれを選んだらいいかわからないという人も多いでしょう。変形性関節痛を予防するためのサプリメントをどのように選んだらいいかを紹介します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン際には高い保湿効果があり、関節ではコンドロイチンと同じようにクッションとなる役割を担います。このクッションがないと、関節が接触してすり減ったり欠けたりしてしまうというわけです。
ヒアルロン酸は、関節痛予防にいいだけでなく、美容にとっても不可欠な成分です。高い保湿効果があるため、ハリのあるみずみずしい肌を目指す女性たちにも重宝されています。

グルコサミン

グルコサミンには、骨と骨をくっつける役割があります。軟骨を形成するために役立つ成分です。コンドロイチンと一緒に摂取することで、吸収率がよくなります。
年を重ねて軟骨の形成が間に合わなくなると、変形性関節症を引き起こしてしまうので、体内のグルコサミンの量を増やしておく必要があります。

コンドロイチン

コンドロイチンは、保湿力と弾力性を保つために必要な成分です。関節でクッションの役割を担い、関節をやわらかくし、動かしやすくしてくれます。
ヒアルロン酸同様、肌にうるおいやハリを与えてくれる成分としても注目されています。

すべての成分が配合されているサプリメントがいい

いずれの成分も、体内のものは年齢とともに減少してしまいます。3つの成分を同時に摂取することで吸収効率を良くしたり、相乗効果を生んだりするので、この3つの成分が配合されているサプリメントを選ぶといいです。

関連する記事

Copyright(C)2016 高齢者の関節痛について All Rights Reserved.